<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

#255 COACH天国

昨日は姪っちと義姉ちゃんと、
郊外にあるアウトレットに行って来ました。

ガールズショッピング。

GAPで1枚6ドルのタンクトップを2枚買ったりしたけれど。

最大のお目当てはこーちっちです。

だから、COACHっち。

yeah, COACH.

安いとは聞いていたけど、
本当にすこぶる安いです。

また火がついてしまいましたよ。

折りたたみ傘3本を握りしめたとこから始まり、
気づいたらコースター、バッグ3つ、サングラスを買ってました。

まぁ、元々バッグ1個は買おうと思ってたんだけどね。

自分でも予想外、予想外。

いや、想定内か。



折りたたみ傘はさ、
ここに来る直前に、
日本での暴風雨にやられて、
骨の一部が曲がっちゃったんだよね。

やっぱり曲がった傘をいつまでも頼る訳には行かないと思うの。

必要だったの。

そう、折りたたみ傘。

ピンクが基調のキュートなあの子達。

1つなんかに絞りきれないでしょ。

3つあれば、台風3回来ても大丈夫。

どれも可愛いし、雨の日が楽しみ♥


…え?
「コースターは要らないんじゃない」って?

そうねぇ。

何て説明したら良いかしら。

そもそも「要る」とか「要らない」っていう問題じゃないと思うの。

これで急なお客さんにもお洒落に飲み物をご提供出来るし。

…え、急なお客さんなんてそうそう来ないって?

来たらどうするのよ!

だって8枚全部違う色で可愛いの♥

8人まで急なお客さん、OK。


バッグ?

バッグは必要でしょぉ。

女の子だもの。

よく3つに絞ったと、逆に褒めて頂きたい。

何と言ってもどれも機能的、…例え機能的じゃなくても可愛い♥


サングラス?

だって、ここ日差し強いもん。

前から欲しかったし。

いつもシドニーの免税店で悩んでは諦めてたんだもん!!

免税店で買っちゃうとすぐに使えないけど、
アウトレットで買ったらすぐ使えるんだよ!!

店員さんも「あなたにそれすごく似合うわ」って言ってたし!!

フレームも可愛かったんだもん♥



可愛い物って罪だよね。
それだけで買う理由になってしまう。

大体、韓国旅行のカードの請求も来てないのに、
シカゴ2日目にしてこの暴挙は許されるのかしら。

私のお財布的に。

…いやいや、良いのよ。
お買いなさい。

ここでしか買えないわ。

カードの請求は2ヶ月後だし。

お金は天下をまわっていらっしゃるんですもの。


今度梓に会うあなた、
確実に「ああ、それ?」という一言を
発されることでしょう。

むふ♥
[PR]
by a_mazing_zoo | 2010-04-30 20:16

#254 今シカゴ。

そんな訳でシカゴに来てます。

何気に初シカゴだわ、あたい。

久々に時差のある国に参りました。
マイナス15時間。

シドニーと言い、韓国と言い、時差ほぼナシだったからねぇ。

激ネム!

只今28日19時。

出発したのは28日17時半、着いたのは28日15時。

2時間戻りました。

時差Magic♪

しかし眠い。

昨日午後休&30日休みで6泊8日。

来られるものですね。

…え、なぜシカゴって?

それは兄一家が住んでいるからです。

そして、兄一家が住んでいなかったら、
およそ一生来ることがなかったであろう、
Evanstonという街におります。

五大湖の一つ、ミシガン湖にすごく近いらしい。

それ位しか情報がありません。

街の偵察は明日以降です。

今日はもうふらふら。

飛行機の隣の席が韓国人のおばちゃんでした。

英語不可、日本語当然不可。

そのおばちゃんと私の拙い韓国語で、
数時間の会話を繰り広げて参りました。

税関の書類や、入国審査の書類を書いてあげたり。

「果物、精肉を持ちこんでますか?」

そんな難しい文章は韓国語で説明出来ません。

絵を書いたり、ジェスチャーで説明するも、精肉説明つかず。

「とりあえずNOで良い」と言われた気がしたから、NOって書きました。

間違ってたらごめんなさい。

「ソウルに来たら遊びに来なさい」と住所をもらったので、
大学時代の辞書を探し出して、辞書引き引き、お手紙書こうかな。

やっぱ言葉って大事。

ペラペラじゃなくても、
もう少し私にボキャブラリーがあったら、
もっとおばちゃんとお話出来たのにな。

悔しい思いをしました。

この前の韓国旅行の時も思ったから、
やっぱ勉強し直そうかな。

とりあえずシカゴに居る間は、
姪っ子と親交を深めたいと思います。

甥っ子には「あずちゃん」「あーちゃん」と呼ばれていますが、
姪っ子は私と一文字違いのお名前の為、
「あーちゃん」だと自分のことだと思ってしまうらしく、
「じゅーじゅ」「ずーず」と呼ぶことになってるようです。

新しい。

どっかの夫婦が時折「あずおばちゃん」って
言ってる気がするけど、それは「不可」です。

こうやってブログを書いてる間にも、
たまに偵察に来て、にっこりスマイルをくれるので、
おばちゃんでも許しちゃいそうですが…

アンチエイジング部長としては、そこは厳しく!!

とりあえず。

シカゴに居る間、美味しいホットドッグを食べて、
美味しい空気を吸いながら、
五大湖の周りをジョギングしたいと思いますです。

ああ、眠い。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2010-04-29 09:23

#253 第9地区

観て来ました、エビちゃん。

「アリスインワンダーランド」
「シャッターアイランド」などなど、
他にも候補はあったのですが
満足度ランキングで上位のエビちゃんに決定。

ん、「だからエビちゃんって何?」ですと。

蛯原友里のエビちゃんじゃないよ。

エビちゃん=エイリアンですよ。

-1982年、南アフリカ上空に突如UFOが飛来。
政府は不気味な容姿をした異星人を難民として受け入れるが、
やがて彼らの特別居住区「第9地区」はスラムと化す。

2010年、難民のさらなる人口増加を懸念した超国家機関MNUは
難民を「第10地区」に移動させる計画を立てる- (eiga.com 作品情報より)

実際に南アフリカで行なわれていた人種隔離政策、
アパルトヘイトになぞっているとの事前情報を得ていたので、
何だか見た後に色々と考えさせられました。

驚きなのは、映画の中で
様々なインタビュー映像が使われていて
「エイリアンなんて迷惑だ、この街からいなくなって欲しい!」なんて
街の人々の声が撮られているのだけど。

どうやらこれは映画監督が、
実際にヨハネスブルク市民に
宇宙からやって来たエイリアン(宇宙人)では無く、
国境を越えてやって来たエイリアン(外国人)について
語らせたものだったそう。

歴史的な背景に対する知識が不足し過ぎていて、
これ以上には語れないのだけど、
多くの人に問題提起をした作品だったんじゃないかな。

それと、これも色々な映画評論で聞かれるけど、
エイリアンのイメージが変わりました!

今までエイリアンものって、
あのネバネバ感が受け付けられず、
言葉も通じないし、
出遭ったら問答無用にワシャワシャ食べられる、
気持ち悪い!怖い!ってイメージだったのだけど、
エビちゃんはとても愛らしく、
特にクリストファーは本当に素敵でした。

見た人は絶対クリストファー素敵って思うはず!

クリストファーもエビちゃんだけどね。

なんのこっちゃな人は是非見てみて~。

あ、でもね。
割とぐろい。

さすが、PG-12。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2010-04-26 19:20