<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

#117 最高の結婚式

自分が幸せになりたいのは、誰しもがそう。

だけど。

他人だけど、
自分の幸せを願うのと同じ様に純粋な気持ちで、
理由も無くその人の幸せを願ってしまうような人っていませんか?

今日は私にとって、そんな存在の人の結婚式でした。

彼はぱっと見、
不器用過ぎる程不器用で、
大人気ない言動を連発するし、
お酒を飲んでは毎回お酒に飲まれて記憶や持ち物を失くすし、
長所はマッチョなところとパソコンがヲタク並みに強い、…他に何かあったっけ。

だけど本当は、
見返りを求めない優しさを持ち、
本当に必要な時は必ず助けてくれる、
見た目はマッチョだけど、すごく繊細な心を持って、熱く暑く厚い人です。

私がその昔、
殆ど自暴自棄になるくらい谷底に居た時に、
泣き喚くのを通算で100時間強って言っても過言じゃないくらい、
文句も言わずに付き合ってくれた人で、最後の方はちょっと文句も言われましたが、
その後も何だかんだ言って、何かと気にかけてくれました。

最高の結婚式でした。
本当に二人がみんなから祝福を受けているのを強く感じるような。

最高の結婚式でした。
彼らしい。

式場に入場して来たら、入場して来ただけなのにみんなに笑われるし、
新婦を待つ間スクリーンに映ったイルカを目で追っかけて落ち着きないし、
照れ屋だから誓いのキスはコンマ何秒かで瞬きしてたら見逃すくらいの早さだったし。

披露宴ではビールのタンク担いでキャンドルサービスの代わりにビールサービスしてるし、
アサヒビールの社員じゃないのにアサヒビールのはっぴ着てるし。

今回、彼の結婚式でスライドショーとビデオを余興でやったんだけど。
かなり良いものをプレゼントする事が出来て本当に良かった。

みんなで週末や平日の夜集って打ち合わせしたり、
会えない時は何通もメールをやり取りして詰めたり。

サプライズ映像を撮る為に、式の直前で多忙を極めるお嫁さんを呼び出し、
銀座のど真ん中にあるドトールで『大きな声でダイスキって言ってください!』と強要し。
ビデオを小脇に抱え、打ち合わせに戻るために、猛ダッシュ。

他のみんなも。

色んなところから写真集めて来たり、
何本も昔の試合のビデオを見て良い映像を探したり、
彼らのために自作の超感動な曲を作ったり、
海外に散らばった仲間から映像メッセージ集めたり、
最高の編集技術で超感動のビデオを完成させたり。

この企画に携わった各々が、
忙しいながらも彼のために何かを喜んでしているのが、
彼の人徳の為せる技だな、と思いました。

今日私はこの企画のナレーターも務めたんだけど、
本当に彼の結婚式で、この企画に携われた事を本当に誇りに思いました。

本当に素晴らしい結婚式でした。
お嫁さん、来客全員にチョコクロワッサン焼いてくれたの、感動する。

彼のお色直しの時に先輩とエスコートをしました。
当日その場でいきなり言われたから超びっくり。

『後輩からうるさい女2人選んだだけだ』だってさ。
不器用なの、もうちょっとかわいい言い方しなさいよ。

だけど。

テーブルに置かれたネームカードの裏のメッセージには、
またまた不器用なメッセージと一緒にちゃんとお願いの言葉が書いてあったのです。

『今日、ひと仕事してもらうんでよろしく』と。

ただ字が不器用過ぎて、
事前にメッセージ自体は読んでたものの、
『今月、ひと仕事してもらうんでよろしく』と読み間違えてました。

何だ?今月?そんなの式の後で言ってくれればいいのに、と思ってました。

不器用なの、もうちょっとかわいい言い方しなさいよ。
なんて思いつつ、この役、これまたちょっと誇りに思いました。

本当に最高の結婚式でした。

『人生で最高の一日が過ごせた、ありがとう』って言う彼は、
二次会でワインをデキャンタ一気飲みしてシャツを紫に染めてました。

『ワインの染み、落ちないよ!』
『替えがあるから大丈夫!』

奥さんは本当にしっかりした素敵な人で、
きっとこんな彼を立派に支えてくれると思います。

くにさん、これからもっともっと幸せになって下さい。
たまには夫婦共々家庭を顧みず、飲んだくれましょうね。

☆追記☆
写真をアップしました!→、こちら!!
ホームページから見て下さってる方はpicturesからも行けます。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-26 01:39

#116 間食厳禁!!

『ダイエットしたーい』 『やせたーい』が口癖の私は類稀なる大食い。
一緒に食事をした人は大概びっくりしちゃうくらい、すごくよく食べます。

なんかね、腹八分目って言うでしょ。
だけど『お腹いっぱーい』な感覚が好きで、ついつい食べ過ぎちゃうのよね。

食と満腹感に幸せを見出すタイプの人間です。
美味しいもの食べると本当にそれだけでハッピーになれる単細胞。

だけど『ダイエットしたーい』 『やせたーい』が口癖。
なのに、お昼時になると『いいガッツリ系のお店知りません?』って聞いて回るTHE矛盾娘。

結構差し入れが入ることが多く。

しかも、これがまた高価なチョコとかクッキーとかなの。
すごくすごく美味しいの。

なぜか差し入れ、私のデスク近くに置かれる。

私、食べる。
私、黙々と食べる。

なぜか差し入れ、いつの間にかなくなってる。

『え、もうなくなっちゃったの!?』 『俺、1個も食べてない!!』
こんな上司の叫びを何回聞いたことか、、ハムハム頬袋を膨らませながら。。。。。

その度に『もう食べません!』とチームの皆様に深くお詫びをして、固く誓って。

チーム員に見守られながら、
お菓子の箱を自分から一番席の遠い、本部長のデスクの上に置きに行く。

『ふぅ、これで大丈夫』

なのに書類をコピーした帰り道、ちょっと遠回りして、
気付いたら両手いっぱいお菓子をピックアップして自分の席に戻る私。

ハムハムしてる姿をチーム員に見つかり、笑われる毎日。

お蕎麦+カツ丼セットって言うのが、
派遣さんとランチをしに行く時のガッツリコースの一つ。

『これならこいつも満腹になるだろう』と思い連れて行ってくれたのに。

食べ終わった私が発した一言は。
『お腹空いたー』

派遣さんは愕然としたらしい。
多分、さすがに言い間違いだと思うんだけど、記憶にない。

そんな私が毎日の様に『小食になりたい!』 『ダイエットしたい!』と吠えていたら。
優しい優しい派遣さんが以下のようなものを作って私のPCに貼ってくれました。

f0024775_0215735.jpg
















『よし、これで完璧!』って。

その時、私は製薬会社担当の同期からもらった、
ダイエットこんにゃくチップの5袋目をハムハムしていました。
ダイエット食もたくさん食べれば意味がないって言う事に気付いていませんでした。

そんな、ハムスターあずですが。

これを貼られて以来、間食ゼロ。
効き目高いわ、この看板。

なぜかって言うと。
フロア内衆人監視だから。

フロアの皆様とすれ違う度に励ましの言葉を頂戴しております。

入社以来、日が経つにつれて珍獣扱いです。
しかも珍獣扱いする人がどんどん増えて行くのが疑問です。

そしてもう一つ、効き目が高い理由。
罰ゲーム付だから。

間食を一口でもしたら、
『今夜お食事に行きましょう、二人で(はぁと)』と上司を誘わなければいけない。

『二人で(はぁと)』がポイントらしい。

これは何が何でも間食厳禁だわ、マジデ。
コーヒーとお茶と水だけ許可されています。

でも、本当に間食ゼロ。

今は派遣さんにチョコレートを見せびらかされても、ダイジョーブ。
-3キロの目標も夢ではありません。

今日ちょっと看板がヨレヨレして来たから、
厚紙とテープで補強をして横にブタのぬいぐるみも足しました。

ここまで書いて思ったのですが。
私、一応社会人なんですけど、こんなんで大丈夫でしょうか…

とにかく、間食厳禁。
目指せ、ナイスバディ子。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-24 01:25

#115 麒麟です。

麒麟の右の人が好きです。

…じゃなくて。

お恥ずかしい話ですが、先のスノボの話の続きです。
コケまくったせいか。

月曜日。

あまりに首って言うか、全身って言うか、首が痛くて。
時間が経つにつれて痛すぎて、頭も痛くて、気持ち悪くなって来て。

こりゃ、やばいなと。

製薬会社担当の同期からサンプルの湿布を頂いて、
派遣さんとトイレに籠り、背中やら肩やら首やらに貼ってもらう。

一応ストール巻いて隠すんだけど、
かなり離れてる距離からも見えてたらしく、
同じフロアの色々な方から温かく鋭いツッコミを頂く。

『おおいちゃん、隠しててもガン見えだから』

女を捨ててまで湿布を貼りたい程、痛かった。
って言うか、女はとうの昔に捨て去ってた様な気もするけど、若さだけは保ちたかったのに。

とにかく、若さも捨て、湿布貼りまくってパソコンに向かってる姿に上司から一言。
『…明日病院行って来い』

そんな訳で、火曜日。

朝6時半に起き、半休を取って、病院へ。
予約が無かったせいで5時間くらい待つ。

『土日は休みだし、予約無ければこんなに待つし。
本当に体調悪かったら病院なんて来れないんじゃ?』とちょっと怒り。

やっと自分の番。

『何、どうしたの?』
『ちょっとスノボで転んじゃって…』

『症状はいつから?』
『土曜日です』

『日曜は安静にしてたの?』
『いえ、スノボしてました』

『何でそんなことしちゃったの?』
『せっかく行ったのでもったいなくて、つい…』

お医者様からの冷たい目。
そして一言。

『君、バチ当たるよ』

スノボに行って、コケて、首が痛くなるとバチが当たるらしい。
どんなバチかわからないけど、とりあえずビビる。

レントゲン撮って、結果は時間がかかるから次の日って事で、仕事へ。

湿布貼りまくって、打ち合わせに参加した為、再びツッコミの嵐を受ける。
…ストール意味ない。においで気付かれないように、わざわざ無臭の湿布貼ったのに。。。

そしてそして、今日。

またも6時半に起きて病院へ。
今度は予約取ってるから診察まですんなりーぃ。

お医者さんと一緒に脊椎の写真を見る。
自分の骨の写真って何回見ても不思議。
私って本当はこんな姿なのね。

『君、首長いねー』
おおっ、今日はそう来たか。

どうやら、こういう事らしい。

人間の首って7個骨があるみたいで、
普通の人は4、5個目より下は肩に守られてて、
レントゲン撮っても肩の骨と重なって見えるんだって。

私の場合は7個全部肩より上にあるんだって。
要は普通の人は骨5個分の首の長さ、私7個分の首の長さ。
レントゲンでもきれいに7個見えました。

『首長いから、衝撃に気をつけなさい』

要は首が露出され過ぎってことね。
普通の人の1.4倍か。

『しかし、君なで肩だね』
おおっ、『首が長い』の次は『なで肩』ですと?

なで肩だからますます首が守られない状態になるって。
ありとあらゆる肩ヒモが落ちる、最強もとい最弱のなで肩を持つ子です。

『意識的にいかり肩っぽくしなさい』

2日に渡って6時半に起きて、
病院に行ってもらった診断結果。

首が長い。
なで肩である。

2日に渡って6時半に起きて、
病院に行ってもらった診断療法。

湿布と鎮痛薬。
そして、『意識的にいかり肩っぽくしなさい』。

…もう病院には行きません。

首が長くてなで肩です。
首が長くてなで肩です。

麒麟です。
って言うか、キリンです。

f0024775_22573181.jpg
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-21 23:04

#114 尻尾が折れる。

土曜日の朝は4時半に起きて。

行って来ましたーッ、スノボ!!
一泊二日のセレ部旅行!!

ちょー楽しかった。
ちょーコケた。

生まれて初めてではないけど、
高校生の時に右手で納まる程度の回数しか行ってなくて、それ以来。

今回はスノボグッズを揃えて、意気揚々!

土曜日の朝、集合は6時40分池袋東口。
前日の夜、ちょこちょこ準備をして寝たのは1時30分。
起きられたのが未だに奇跡だと思います。

今回はバスで行ったんだけど、
5人だから席バラバラになっちゃうなーって思ってたら。

一番後ろの5人席!
バスケ部で言えば4年生席!

お菓子を食べつつ、お喋りしつつ、眠りつつ。
あっと言う間に着きました、信州菅平。

部屋でゆっくりすることもなく、ウェアを装着して、飛び出せゲレンデ!

5人中3人はスノボ経験者。
だったので、色々教えてもらいながら滑るんだけど、こけまくり。

スノボでこけるのって他人から見てるとそこまで痛そうじゃないんだけど。
本人達はマジでやばいよね、一回一回死ぬかと思うもん。

スノボグッズを買いに行く時も彼女たちに付き合ってもらったんだけど、
その時に勧められたパット入りのスパッツ、かなり重宝しました。

だってパットあっても折れるかと思ったもん。
無かったら折れてたよ。

しかも下手なので転び方がマジ派手。
日常では有り得ないコケ方で、尾骶骨打ちまくり。

『…尻尾ってここにあったのね。。』

今まで気にしなかった尻尾の名残ですが、
今は痛すぎて自己主張しまくりです。あうー。

コケて手つきまくるから、手の平もおかしい程痛いし、肩も首もバリバリに凝ってます。

コケ過ぎて頭痛いし。
やばくない?

と満身創痍ですが。
スノボ、ハマっちゃいそうだな。

だって、上手になりたい。

1日目は上手な子に色々教えてもらってたんだけど、
2日目はデキない2人は『上手になりたい!』と決起しスクールに入り、2時間特訓。

木の葉から、
左を前にして右方向に曲がって止まるのが、
今までどうしても左を前にした時点で加速するのが怖くてすぐ転んじゃってたんだけど。

半分くらい出来るようになった!
なだらかなところならコケずにそのまま左を前にして左方向に滑れるようになったし。

あとリフトから降りる時も少しスムーズになった!

今シーズン中にまだまだ行きたいです。
一緒に行ってくれる人、募集中!

セレ部の子は全員性格もバラバラで役回りもかなりちがうんだけど、
それぞれに尊敬するところがかなりかなりあって、
今回の旅は改めてそれを深く感じました。

負けず嫌いで、上手になる事を目標に黙々と練習を続けて、本当に上手になる子。
『急がなくて良いよー』ってずっと遅い私を待っててくれる優しい子。
みんなの性格をよく分かってて集合時間を早めに設定したりと立派に幹事を務める子。
抜けている様でしっかりしてて、みんなが忘れちゃうようなゴミの始末もちゃんとやる子。

本当にこの子達と時間を過ごす度、
『自分もこんな風になれてるか』って思っちゃうくらい。
この子達と同期で良かったし、その中でも仲良くなれて良かった。

次は苺狩りに行きたいっ。
常磐ハワイアンセンターにも行こうって話してるし、温泉も行きたいし。

ぱちっと一枚。
オシリが痛くて笑顔がつってます。

f0024775_2322284.jpg












明日からの日常生活が不安です(涙)
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-18 23:14

#113 やり場がない

全部だめになってく気がする。
全部だめな気がする。

でも、本当はきっと違う。

だめにしてるのは、だめになってく気がして、だめじゃないものも、だめにしてしまってる自分。
だめって感じてるだけで、現状はそこまでだめじゃないのかもしれないのに。

解決策は分かってる。
自分の気持ちが少しでも上がってく様に、自分が変えるしかない。

だけど、そんな事が自由にコントロール出来てたら、そもそもこんな気持ちにならない。

今日は久々に激しく落ちた自分。
理由は思い当たる、色々。

嫌なこと、思い通りにならない事が積もり積もった相乗効果の結果。

何もかもが嫌になってく気がする。
何もかもが嫌な気がする。

全部消しちゃいたい。
全部終わりにしちゃえればいいのに。

仕事も、あれも、これも、それも、どれも。

そんな事、
ちょっとでも望んで、
いざ実現しちゃったのなら、
望んだ事さえ激しく後悔する事も見えてるのに。

子供が駄々をこねてるのと、あんまり変わりは無いわ、きっと。
地団駄踏んで、引っくり返って泣く子供と変わらない。

グラスを自分の肩が壊れるほど思いっ切り、壁に投げつけて割りたい気分。
大丈夫か、自分。

イライラが最絶頂に来て泣きたい気分、涙が危うくこぼれそう。
大丈夫じゃないみたい、自分。

この気持ちはやり場がない。
でも、自分の内に抱え込めるほど、私は大きくないみたい。

こんな弱い自分はいらない。
私は強い自分だけ欲しい、強い私だけでいい。

今は誰かに側に居て欲しいのに、
きっと誰かが側に寄って来てくれたら、
その人をひどくひどく傷つけちゃう気がする。

なんなんだろ、今日の私。

一番嫌いなのは、
私こんな気持ちにさせる仕事や『あれ』や『これ』や『それ』や『どれ』じゃなくて。

こんな気持ちになってて、
すごく嫌な子になってる自分が一番大嫌い。

早く良い子の私に戻って来て欲しいよ、こんな自分嫌だよ。

あまりに落ち過ぎて、一人で抱えきれなくて、同じフロアの同期にメール。
即ロビーに集合、会議室に引きこもり、思いの丈をぶつけさせてくれて、頭を撫でてくれる。

人に優しくされると、自分の小ささを知るよね。
モンパチみたいだけど。

今夜一晩ぐっすり寝て、
明日起きたらこんな嫌な気持ち忘れて、
いつもの元気でポジティブで強気な私だといいな。

思い通りに行かない逆風こそ楽しいって。
私をなめんなよって。
見てろって。

きっと今が勝負時。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-16 00:42

#112 僕らのバレンタイン戦争

社会に出るとバレンタインは愛のある行事ではなくなる事に気付きました。

ジョシ。
向かえ、銀座三越B1F。

生まれて初めてこんなにチョコレートを買いました。
クライアント、クリエイティブスタッフさん、マーケのスタッフさん、部署の人たち等々。
合計で20個は軽く越えてる。

しかも役職でチョコのランクも変えなきゃなの、それが大変。
あの人にあげて、あの人にあげないのはまずい、とか。
明日も会社に行ってから数合わせのチョコを買わなきゃ。

ダンシ。
嬉しい?こんな愛の無いチョコ。

私だったら数だけ貰っても、気持ちがこもってないなら悲しいかも。
100の義理チョコより、1つの愛あるチョコでしょ。

義理チョコをあげる文化を持たなかった私にとって、これは慣れない作業。

チョコがどっさり入った紙袋を引っ提げながら会社に戻る帰り道。
『あー、マジチョコ重い…』って思ってる自分を客観的に振り返り。

ドキドキしながら、
たった一つの本命チョコを渡す中学生に、
申し訳なくなると同時にちょっと羨ましい気持ちになる。

やっぱバレンタインは愛のある行事でしょ。

殺気立ってるデパ地下のチョコ売り場で人ごみ掻き分けて買うチョコレートじゃなくて。
前日徹夜して作ったチョコレートのがキラキラだよ、絶対。

ま。
しかしながら。

社会に出るとそうも言ってられないのです。
キラキラのチョコばかり、いくつもいくつも用意出来ないの。

向かえ、松屋B1F。

でも。
ただの義理チョコをあげるのは私のポリシーに反するわ。

なので、一人一人にお手紙をつけました。
小さいカードに、何気ない一言。

久々にこんなにペンを握ってたから中指が痛くなった。
ホステスのみなさんの大変さを少し垣間見ました。

せっせとカードにメッセージを書いては、
チョコレートの袋に留めて行く私を見て上司が『豆だなぁ』。

こういうの好きなの。
義理チョコ文化はそんなに好きじゃないんだけど、
誰かにプレゼントをするのはすごく好き。

だって。
自分がしてあげた事で人が嬉しくなるのって、すごくすごく嬉しいじゃん。

じゃん?

私ならただチョコ貰うより、
短くても自分へのメッセージがあったら嬉しいなと思ったの。

やっぱホステス向きかしら、私。
よく言われます。

義理チョコ文化に半分は舌を出しながら、
残りの半分はショーウィンドウを穴が開くほど見つめて選んだチョコレート。

配るのがちょっと楽しみ。

今日という一日がみんなにとって最高のバレンタインになりますように。
素敵なバレンタインを。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-14 02:14

#111 早起きは色々お得気分

今日は6時半に早起きしてパンを買いに行きました。
知る人は知る、『Zoph』へ。

ここのパンは本当にどれを食べても美味しい。
我が家に遊びに来てくれた暁には是非、一緒に買いに行きましょう。
ご馳走します。本当に一度は食べて欲しいよ。

元々はしがない町のパン屋だったんだけど、
息子がドイツに留学をしてパン焼きや経営を学んで新装開店したのが『Zoph』。
先代の時は『丸十パン屋』とか、そんな名前だったらしい。

販売スペースは3畳位の小さなお店なんだけど、小洒落てて素敵なの。

パンのために家族全員、犬まで巻き込んで祝日に6時半起き。
オマケに車まで走らせて買いに行くのがパンってとこが我が家だわ。
食には目がないんです、美味しいものがあればどこへでも。

お取り寄せ何とかランキングで全国1位なんだって。
そんなことも納得の味です。

あ、『Zoph』の回し者じゃないですヨ。
ご安心を。お金とか貰ってないから!

そんなこんなでパンを買った後、江戸川の河川敷に行って来ました。
うちの犬はここがすごく好きなんだけど、ちょっと遠いから最近あまり行ってあげてなくて。

今日はみんなが早起きして準備してたら、
当然自分も混ぜてもらえると思ってワンワン吠え出して、
『じゃ、いい機会かな』ってことで江戸川河川敷お散歩コースが決定。

河川敷を親子プラス犬で歩く姿はまるで、三井のリハウス
決定的に違うとこは三井のリハウスの様に娘がかわいくないとこだね。
お父さんのほのぼの加減は我が家によく似ています。

家に帰って来て、『Zoph』で買ったパンと紅茶やコーヒーで朝ごはん。

起きてから色々なことしたのにまだ10時だよ、何かとってもラッキーな気分です。
今日は久々に家にいる予定だから、部屋片付けたりしてゆっくり過ごそうかな。

早起き、いいね!
DVD見ちゃおうかな。
だって今の時間からだったら午前中に一本見終われるんじゃない?

って言うか。
何でパンのためならこんな早く起きられるのに、いつもあんなに起きられないのかしら…

やっぱ食べ物ですか?
あずさを動かすには食べ物しかないんですか?

昨日は二人で3つうどん頼んじゃったし。
『一人一つ温かいの食べて、二人で冷たいの一個分ければよくない?』って。

よくない!!

レジの人に『三名様のお席ですか?』って聞かれちゃったし。
『いや、二人の席です』 『…え?だってカレーうどん、鍋焼きうどん、明太子うどん。。』

黙ってレジ打てー!!

あー、何か早起きの良さについて色々話して美しく締めたかったのに。
私ったら、結局食だよ。

食い気より色気を目指したいです。
とにかく早起きは色々お得気分です。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-12 10:17

#110 進め、私。

最近、身の回りに少しずつ色々な変化が起きました。
仕事もその一つ。

うちは1月で社内編成が色々代わるので、
働き始めてから8ヶ月ですが、実質2年生になりました。

細かい仕事が増えました。
細かい仕事が増えて、何を感じるかって、自分が何も分かってないってこと。

大きい仕事は、
もちろん感動も発見もすごく沢山あったけど、
もともとの希望の配属に決まった事も手伝って、
イメージとしては入社前に想像していたものとそんなに変わらなかった。
自分が仕事を回してないから、どこかで『お客さん』として仕事を見てたのも絶対ある。

自分が回すようになった細かい仕事たちは、本当に難しい、厳しい、分からない。

印刷の知識も曖昧、と言うか全く分かってない。
どの段階ならどこまで修正が効くのか、どの素材にはどの紙や加工が良いのか。

広告は消費者に見てもらうためだけじゃない。
メーカーの営業さん達を鼓舞するための広告だってある。
流通にもっと商品を棚に並べてもらうための広告だってある。
アプローチの方法は全部全然違う、その方法が分からない。

『何が良いと思いますか?』の質問に固まる私。
気まずい時間、我ながら頼りない、悔しい。

制作会社の人には、
『代理店の営業さんはそこまで分かってなくても良いよ』って言われたけど。

やっぱだめなんだ、だめだよ、分かってなくちゃ。
少なくとも私は分かっていたいよ。

営業は板挟みだな、と改めて思った一ヶ月。
『大井さんがこの立場ならどう思いますか?』とやや激しめに詰め寄られる事数回。

『怒られる=認められて来た』ってことだと考えるスーパーポジティブガール。
だから詰め寄られた事は正直ややむかついても、落ち込む事には繋がらない。

私を深く考えさせたのは、『この立場ならどう思う』かが、実際分からなかった事。

営業はメーカーの宣伝部にも、客相にも、営業さんにも、
社内のスタッフにも、制作会社の社員にもなれなくちゃだめなのかも。

『スタッフを大事にする営業』になるためには上辺だけじゃだめだ。
その人たちの仕事の内容を分からないと、本当に思いやる事は出来ない。

だけど、思いやるばかりじゃ仕事は進まない。
だけど、相手のことを何も分かってないのに、ゴリ押しする営業にはなりたくない。

一年目は、
出来なければ『一年目だから仕方ない』、出来れば『一年目なのによくやった』。

これってものすごい特権だった。
きっとこれからどんどん『出来る』は『当たり前』に、『出来ない』は『有り得ない』になる。

怖いな。

けど、きっとこれからが仕事の本当の楽しいところに違いない。
やるからには期待されたい、それに応えたい。

『出来る』『出来ない』のレベルにも行かないなんて、そんなのやだ。
そんな私は要らない。

とりあえず、口だけじゃなくて足動かさなきゃ。
印刷工場にでも行って来るかな。






青い、青い、我ながら青い。
何年後かにこの文章を読み返したら間違いなく消したくなるわ。

私、これからどんな代理店営業になるんだろう。なれるんだろう。
楽しみだぜぃ、いえい。
[PR]
by a_mazing_zoo | 2007-02-11 23:58